Just another WordPress site

キャッシング利用者

しかし、契約書に期限の利益損失条項(返済が少しでも滞る場合は残債を一括支払いさせるという内容)が記載されていると、キャッシング利用者が貸金業法と利息制限法との利息差を了承した上で支払っていないという扱いになり不当に受け取っている利息ということになります。ですので、このときに、裁判所に過払い金返還請求を申請すると過払い金を返してもらうことができます。裁判所に訴え方がわからなければ、弁護士や司法書士に依頼し代理で手続きをしてもらうことができます。そのとき、司法書士に依頼すると、140万円までの金額の請求代理でしか権限がないので、それ以上になりそうであれば弁護士に依頼することをおすすめします。

即日融資 キャッシング【今すぐお金が欲しいかた専用】

Leave a Reply